離婚にはどのような準備が必要か

離婚の準備と蓄え

離婚の準備と蓄えは切り離せない関係にあると思っておいたほうがよいでしょう。

 

いろいろな準備には時間がかかってしまうものなので、仕事を休まなければならないこともあると思われます。

 

出来れば離婚が成立してから数カ月間は働かなくても暮らしていける位の蓄えがあると安心でしょう。

 

特に大きいが問題が住まいの事についてです。

 

実家に住まわせてもらえるというのであれば別ですが、アパートなどに入ることを検討しているのならば、敷金・礼金も蓄える必要があります。

 

離婚の準備期間中に最低でも30〜50万円は貯めておいたほうがよいでしょう。

 

これはアパートに入居する費用として消えてしまう可能性があるので、その場合はもっと貯めておく必要があります。

 

出来ることなら、離婚後も働ける職場を見つけておくことが重要となります。

 

安定した収入が望める場合は、それほど多額の蓄えはしなくてもいいでしょう。

 

準備期間中にはそういったことも考えておかなければならないのです。

 

今日決意して明日すぐに手続き、というのを相手が認めてくれた場合でも、仮に離婚した場合、自分は生活していくことが出来るのかというのをしっかり考えなくてはなりません。

 

個人によってどの程度の蓄えが必要になるかというのは異なりますが、実際に手続きを開始する前までの準備期間中に、一円でも多く自分名義の口座に貯めておくことが出来るようにしましょう。

 

後から失敗したと感じている人の多くが当面の生活費に行き詰ってしまっているのです。

離婚の準備と蓄え関連エントリー


Copyright (C) 2010 離婚の準備のススメ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚の準備と蓄え

実際に離婚する為にはどのような準備が必要かわかりやすく紹介しています