離婚にはどのような準備が必要か

離婚の準備と財産

離婚の準備で考えなければならない事の一つに財産問題があります。

 

財産分与をしなければならないのです。

 

何が分与の対象となるのかというと、婚姻中に手にした土地や建物、有価証券や家財道具、車や預貯金などです。

 

「婚姻期間中」に得たものが対象となりますので、例えば結婚をする前にどちらかが貯めていた財産や、結婚の際に実家から持ってきたものについては対象とならないのです。

 

離婚の準備をする際には、財産と分類されるものはどれくらいあるのかを明確にする必要があります。

 

お互いが納得をした上での離婚準備であれば別ですが、突然別れを切りだしたりした場合、相手が財産を隠してしまうことも珍しく無いようです。

 

その恐れがあると思った場合は、そういった事態を避けるためにも相手の財産を事前に把握しておいたほうが良いでしょう。

 

特に、熟年離婚の場合は、結婚したての頃よりも財産と呼べるものの数、額が共に増えている場合が多いはずです。

 

とても面倒な作業ではあるのですが、離婚の準備をする上で避けては通れない重要なものです。

 

この財産分与には慰謝料の目的が含まれることもありますが、必ずしも財産分与したからといって慰謝料を支払わなくてもいいという事ではなく、夫婦ごとのケースによって変わってくるのです。

 

全ての財産が50%ずつ分けられるのかというとそうではなく、夫婦共働きの場合には一般的に50%、妻側が専業主婦で働いていなかった場合には妻の取り分は50%以下になることが多い様です。

離婚の準備と財産関連エントリー


Copyright (C) 2010 離婚の準備のススメ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚の準備と財産

実際に離婚する為にはどのような準備が必要かわかりやすく紹介しています