離婚にはどのような準備が必要か

離婚の準備と公正証書

離婚の準備をする上で公正証書というものを知っておいたほうが良いでしょう。

 

これは、お互いが約束した内容を証明するための大切な書類です。

 

慰謝料や財産分与、養育費などについて内容が決められているもので、書面の通りの支払いがなかった場合、裁判を起こさずとも強制的に給料差し押さえなどの処置を取ることが出来ると言う書類なのです。

 

仮に離婚準備の最中に、夫の浮気が原因で別れることになったから、数回に分けて慰謝料を支払ってもらうことを約束したとしましょう。

 

もし、これが口約束だった場合は、あとからそんな約束はしていないと言われてしまえばどうすることも出来ませんが、公正証書があれば約束していたことを証明することも出来るのです。

 

ちゃんと口で約束してくれたからそれを信じたいと思い、公正証書を作らないという人も居るようですが、それでもあとから作っておいた方が良かった、と後悔する人もほうがたくさん居ます。

 

今はまだ離婚に踏み切っていない人でも、離婚準備の一つとして公正証書というものの存在を知っておいた方が良いでしょう。

 

公証役場へ実印や印鑑証明、戸籍謄本を持参することで作成することが出来ます。

 

支払いに関する決めごとを記載する離婚協議書を公証役場で作成することになるので、内容のメモなども準備しておくとよいでしょう。

 

慰謝料や財産分与等の金額によって認証手数料と呼ばれるものが異なります。

 

100万円までは5,000円、200万円までは7,000円、500万円までは11,000円、1000万円までは17,000円、3000万円までは23,000円、5000万円までは29,000円、1億円までは43,000円となります。

離婚の準備と公正証書関連エントリー


Copyright (C) 2010 離婚の準備のススメ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

離婚の準備と公正証書

実際に離婚する為にはどのような準備が必要かわかりやすく紹介しています