離婚にはどのような準備が必要か

審判離婚の進め方

審判離婚は、基本的に最初からこの方法を選択して別れる準備をするというものではありません。

 

調停で進めていて、状況に応じて審判離婚になってしまったということがほとんどなので、準備として行うことは調停と同じです。

 

二人の話し合いの上で僅かな対立を除いて他は納得している、という場合にも審判離婚が選択出来るかもしれません。

 

ある一部(養育費や慰謝料の額など)だけを除いては納得しているという時にも審判離婚になることがあります。

 

前もって準備しておかなければならないことというのは特にありませんが、例えば、その小さな相違点のせいで裁判までやる意思はお互いにないということもあるでしょう。

 

そういった時には審判離婚の準備をし、養育費などの金額を決めるという選択肢があります。

 

この方法で進めていこうと思っている場合は、自分はどんな心の準備をすればいいのか、何をしたらいいのかなどは裁判所の指示に従いましょう。

 

逆にこちらから審判という方法は選択出来ないのか確認してみるのもいいでしょう。

 

安易に裁判をしようと考えてしまうのはおすすめ出来ません。

 

裁判を行うともなるとかなりの期間が必要となるだけでなく、精神的な苦痛も伴います。

 

それからどうしても弁護士費用が発生してしまいます。

 

調停はお金があまりかからない方法として選択する人が多いですが、それがうまくいかず、結局裁判で100万円以上の費用がかかってしまう人もいるので、その前に審判という方法が選択出来ないか確認してみましょう。

審判離婚の進め方関連エントリー


Copyright (C) 2010 離婚の準備のススメ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

審判離婚の進め方

実際に離婚する為にはどのような準備が必要かわかりやすく紹介しています