離婚にはどのような準備が必要か

審判離婚の準備

審判離婚は、自分でいろいろ準備してそうなるように用意するというよりは、調停で進めた結果、審判離婚となると考えたほうが良いでしょう。

 

どういったものかというと、調停で進めていたものの、成立しないケースで、なおかつ家庭裁判所の権限によって離婚を成立させたほうがいいと判断された場合です。

 

例えば、別れることに合意はしているのにどうしても片方が出廷できない場合や、合意していたのに一方が逃げた場合などです。

 

審判を望む場合でも、準備として行わなければならないことは調停と同じというわけです。

 

夫婦双方が審判離婚を求めたときも対象となりますが、逆に不服がある場合は、審判で離婚を言い渡されてから2週間以内に申し立てをしなければならないことを覚えておきましょう。

 

自分が申し立てをする場合もされる場合も2週間と言うリミットがあるので、状況によっては調停になる段階で申し立ての準備をしていたほうがいいかもしれません。

 

逆に、こちらが審判になって良かったと思ったとしても、相手が不服を申し立てれば審判離婚は簡単に効力を無くしてしまいます。

 

どんな理由であっても不服は効果があるということを理解し、もしかしたら裁判になるかもしれないという心の準備をしておくことも大切でしょう。

 

こういったこともあり、審判離婚が成立することは稀です。

 

審判という方法は、実際に別れた人でも知らない人が多いようです。

 

稀なパターンではありますが、知識として知っておきましょう。

審判離婚の準備関連エントリー


Copyright (C) 2010 離婚の準備のススメ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

審判離婚の準備

実際に離婚する為にはどのような準備が必要かわかりやすく紹介しています