離婚にはどのような準備が必要か

裁判離婚の費用

裁判離婚の準備を進めている人の中にも、全部でどれくらいの費用が必要になるのか明確に分かっていない人も多いようです。

 

裁判を使ったものは、数ある離婚方法の中でも、一番準備が面倒で費用もかかるものです。
出来ればこれ以前の段階で決着がつけられるように努力しましょう。

 

ここまで来てしまった場合、弁護士費用がかかると思っておきましょう。

 

全てを一人の力でやるという人は稀です。

 

また、自分の側は一人でやったとしても、配偶者の側が弁護士をつけたりすると不利になってしまうこともあります。

 

裁判離婚の費用として準備しなければならないのは弁護士費用の他に印紙代や切手代が挙げられます。

 

印紙代は訴訟物の価格によって違います。

 

離婚の訴えの他に財産上の請求をする場合は、請求額によって変わってきますが、離婚の訴えのみの場合は8,200円です。

 

財産分与・養育費の請求があるかによっても変わってくるので、自分の場合はどうなるのか裁判離婚の準備の一つとして確認しておかなければなりません。

 

裁判離婚で弁護士にもお願いする場合、トータルで100万円前後の費用が必要になると言われています。

 

そんな高額用意出来ない!という人もたくさんいるでしょう。

 

ですが、どうしても裁判という形でしか決着をつけられない場合には、分割支払いで相談に乗ってくれる弁護士を探すことが必要となります。

 

インターネットなどでもたくさんの情報が手に入るので参考にしながら進めましょう。

裁判離婚の費用関連エントリー


Copyright (C) 2010 離婚の準備のススメ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

裁判離婚の費用

実際に離婚する為にはどのような準備が必要かわかりやすく紹介しています