離婚にはどのような準備が必要か

裁判離婚の進め方

裁判離婚で準備を進める場合、最初に調停を行わなければなりません。

 

協議(夫婦での話し合い)で解決しなかったからといって、すぐに裁判を、というようには出来ないので注意しましょう。

 

裁判はあくまで最終段階だと思ったほうがいいです。

 

訴訟を起こす側である原告が家庭裁判所に訴状を提出することで裁判離婚がスタートすることになります。この段階で準備を始めていなければなりません。

 

配偶者の不貞や悪意による遺棄など、民法で定められている理由が必要です。

 

これが協議・調停とは大きく違う点ですね。

 

逆に言えば、民法が定めている法定原因が立証出来ない場合、協議・調停の段階で決着をつけなければならないということです。

 

裁判離婚の準備として、訴状として提出する書類を作成しなければなりません。

 

これには原因だけでなく慰謝料や財産分与など請求に関する項目なども記載する必要があります。

 

自分で作成することも可能ではありますが、裁判離婚という選択肢を取る人は、ほとんどの場合、その準備を弁護士に依頼しています。

 

やはり、裁判で使われる書類の作成となると、専門的な知識が必要となるからです。

 

期間は、どこで決着がつくかによって変わってきます。

 

ケースによっては5年近く必要になることもあるので覚えておきましょう。

 

裁判離婚を検討する場合は話をよく理解してくれる弁護士を探すのが一番の近道です。

 

準備だけでなく、精神的なケアもしてくれる弁護士が探せるといいですね。

裁判離婚の進め方関連エントリー


Copyright (C) 2010 離婚の準備のススメ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

裁判離婚の進め方

実際に離婚する為にはどのような準備が必要かわかりやすく紹介しています