離婚にはどのような準備が必要か

調停離婚の進め方

調停離婚の準備を開始しようと思ったら、最初に家庭裁判所に足を運ばなければなりません。

 

そこで夫婦関係調停申請書という書類を受け取ってきましょう。

 

もし、忙しかったり遠いといった理由で家庭裁判所まで足を運べない場合は、地域によってはFAXやサイトのダウンロードを利用して手に入る場合もあります。

 

必要な書類は、夫婦の戸籍謄本一通用意しましょう。

 

調停離婚の準備では調停申立書を作成する必要があるのですが、これには必要な内容を記入したら、900円分の印紙を貼って提出しなければなりません。

 

後日、呼び出しがあるので調停離婚の準備を進めるために足を運びましょう。

 

本人が行かなければならないものなので、何らかの理由でどうしてもその日に行けないようであれば、その旨を連絡する必要があります。

 

調停離婚の準備を始める頃には、もしかしたら普通に二人で話が出来ないほど仲が悪くなってしまっているかもしれません。

 

ですが、調停委員会との話し合いの際には、夫婦別々で話を聴かれることが多いので、一緒の部屋でやり取りをするのが嫌だと言う人は最初に確認しておきましょう。

 

一度足を運んで話を聴いてもらっただけで全てが解決すると勘違いしている人がいますが、何度か足を運ばなくてはなりません。

 

大体、一カ月に1回〜2回ほどの話し合いが繰り返され、半年くらいで終えることとなると考えておいた方が良いでしょう。

 

調停を成立させるためには、お互いが合意しなければならないことを十分に理解しておきましょう。

調停離婚の進め方関連エントリー


Copyright (C) 2010 離婚の準備のススメ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

調停離婚の進め方

実際に離婚する為にはどのような準備が必要かわかりやすく紹介しています