離婚にはどのような準備が必要か

協議離婚の準備

協議離婚という方法で準備を進めるのが、最も一般的な方法でしょう。

 

今現在取られている方法で一番多いのですが、協議離婚で準備を進めるためには、お互いが納得していることが条件となります。

 

話し合いをした上で別れることに同意している場合にはこの方法を選択することが出来ると言うことです。

 

協議離婚をする場合、片方が勝手に届け出を出した場合は当然無効となります。

 

準備を進める上で考えなければならないのは、子供がいる場合の親権者です。

 

親権者が決まらないと届け出を受理してもらうことが出来ません。

 

それから、あとから問題になりがちなのが財産分与、慰謝料や養育費です。

 

これはお金に関する問題なので、適当に決めてしまわないようにしましょう。

 

財産分与・慰謝料・養育費の金額が決まらないということもよくありますが、この場合は家庭裁判所に調停の申立てをするのが一般的な方法です。

 

全てを話の上だけで決めるのはやめましょう。

 

例えば、口約束で「慰謝料は300万円」と約束をしたとしても、あとから「100万円としか言っていない」と言われたら、これを証明するものはあるでしょうか?

 

協議離婚の準備をする際には、ただ届け出を出せばいいと考えている人も多いようですが、お金に関する大切なこと、確実な証明が欲しいというところには公正証書などの書類も活用しなければなりません。

 

いろいろな面倒な手続きもあると考えてしまうかもしれませんが、書籍でも参考になるものがたくさんあるので、そちらを参考にしてもいいでしょう。

協議離婚の準備関連エントリー


Copyright (C) 2010 離婚の準備のススメ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

協議離婚の準備

実際に離婚する為にはどのような準備が必要かわかりやすく紹介しています