離婚にはどのような準備が必要か

離婚の種類

実際に離婚する為にはどのような準備が必要かわかりやすく紹介しています

離婚の種類エントリー一覧

協議離婚の準備
協議離婚という方法で準備を進めるのが、最も一般的な方法でしょう。今現在取られている方法で一番多いのですが、協議離婚で準備を進めるためには、お互いが納得していることが条件となります。話し合いをした上で別れることに同意している場合にはこの方法を選択することが出来ると言うことです。協議離婚をする場合、片方が勝手に届け出を出した場合は当然無効となります。準備を進める上で考えなければならないのは、子供がいる場合の親権者です。親権者が決まらないと届け出を受理してもらうことが出来ません。それから、あとから問題...
協議離婚の進め方
協議離婚という形で準備を進めようと思っている場合は、一番お金がかからない方法でもあります。そのため、お金がないけれど出来るだけすぐに別れたいと考えている人にも選択されることが多いようです。協議離婚の準備として最初にやりたいことは、協議離婚で済むような流れを考えるということです。これはどういうことかというと、この方法で準備や話を進めたいと思っているのであれば、お互いの了承が必要だからです。感情的になって話し合いがまとまらないということになってしまうと、法律の力などを借りなければならなくなってしまい...
協議離婚の費用
離婚の準備をしたいと思っていても、気になるのは費用のことでしょう。協議離婚の特徴は、ほぼ費用が発生しないということです。ほぼ無料といってもいいでしょう。ただ、慰謝料や財産分与、養育費などについての約束を公正証書でまとめる場合、約束する金額によって5,000円〜43,000円の費用が発生してしまいます。ちゃんと準備をしておきたいのが離婚協議書と呼ばれるものです。夫婦で約束した事項をまとめておくもので、これは、弁護士や行政書士にお願いして作成してもらうことも出来ますが、やはり費用がかかってしまいます...
調停離婚の準備
調停離婚で準備をしようと思っていても、具体的にどのような方法なのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。調停離婚とは家庭裁判を利用した方法です。離婚の準備をしたいと思っている場合、一番スムーズに離婚の話が進むのは、片方が別れたいという話を出した際に、もう一方がそれを承諾することですが、必ずしもそううまくいくとは限りません。何が何でも相手が承諾してくれない場合には、二人で話し合いをしてもいつまでも解決できません。そういった場合に利用出来るのが調停離婚です。これは、調停委員と呼ばれる人を間に...
調停離婚の進め方
調停離婚の準備を開始しようと思ったら、最初に家庭裁判所に足を運ばなければなりません。そこで夫婦関係調停申請書という書類を受け取ってきましょう。もし、忙しかったり遠いといった理由で家庭裁判所まで足を運べない場合は、地域によってはFAXやサイトのダウンロードを利用して手に入る場合もあります。必要な書類は、夫婦の戸籍謄本一通用意しましょう。調停離婚の準備では調停申立書を作成する必要があるのですが、これには必要な内容を記入したら、900円分の印紙を貼って提出しなければなりません。後日、呼び出しがあるので...
調停離婚の費用
調停離婚を選択しようと思っていても、費用が準備出来ないという人もいるかもしれません。かなりお金がかかると思っている人も多いと思いますが、この方法で準備を進める場合、2,000円程度で済みます。自分たちだけで問題が解決出来なかった場合、第三者を入れて解決を図ることが出来るのに2,000円程度で済むというのは大変ありがたい事ですね。最初はお金が無いという理由で協議離婚の準備をしていたものの、話し合いがまとまらなかったという際にこちらを選択する方も居るようです。具体的にかかる費用は、裁判所に収める印紙...
裁判離婚の準備
初めから裁判離婚で準備を進めることは出来ません。このケースまで至るのは、全体の約1%程度だと言われているので、一般的には協議、調停、審判のいずれかの方法で解決することが出来ます。ですが、言い変えてみれば1%は裁判離婚になってしまうということです。もしかしたら自分もこの方法で準備を進めなければならないという事態になるかもしれません。これは、家庭裁判所に訴える方法です。どうしてもこちらは別れたいと思っていて、相手は何が何でも応じてくれなかった場合には裁判離婚で準備を進めなければならないかもしれません...
裁判離婚の進め方
裁判離婚で準備を進める場合、最初に調停を行わなければなりません。協議(夫婦での話し合い)で解決しなかったからといって、すぐに裁判を、というようには出来ないので注意しましょう。裁判はあくまで最終段階だと思ったほうがいいです。訴訟を起こす側である原告が家庭裁判所に訴状を提出することで裁判離婚がスタートすることになります。この段階で準備を始めていなければなりません。配偶者の不貞や悪意による遺棄など、民法で定められている理由が必要です。これが協議・調停とは大きく違う点ですね。逆に言えば、民法が定めている...
裁判離婚の費用
裁判離婚の準備を進めている人の中にも、全部でどれくらいの費用が必要になるのか明確に分かっていない人も多いようです。裁判を使ったものは、数ある離婚方法の中でも、一番準備が面倒で費用もかかるものです。出来ればこれ以前の段階で決着がつけられるように努力しましょう。ここまで来てしまった場合、弁護士費用がかかると思っておきましょう。全てを一人の力でやるという人は稀です。また、自分の側は一人でやったとしても、配偶者の側が弁護士をつけたりすると不利になってしまうこともあります。裁判離婚の費用として準備しなけれ...
審判離婚の準備
審判離婚は、自分でいろいろ準備してそうなるように用意するというよりは、調停で進めた結果、審判離婚となると考えたほうが良いでしょう。どういったものかというと、調停で進めていたものの、成立しないケースで、なおかつ家庭裁判所の権限によって離婚を成立させたほうがいいと判断された場合です。例えば、別れることに合意はしているのにどうしても片方が出廷できない場合や、合意していたのに一方が逃げた場合などです。審判を望む場合でも、準備として行わなければならないことは調停と同じというわけです。夫婦双方が審判離婚を求...
審判離婚の進め方
審判離婚は、基本的に最初からこの方法を選択して別れる準備をするというものではありません。調停で進めていて、状況に応じて審判離婚になってしまったということがほとんどなので、準備として行うことは調停と同じです。二人の話し合いの上で僅かな対立を除いて他は納得している、という場合にも審判離婚が選択出来るかもしれません。ある一部(養育費や慰謝料の額など)だけを除いては納得しているという時にも審判離婚になることがあります。前もって準備しておかなければならないことというのは特にありませんが、例えば、その小さな...
審判離婚の費用
調停離婚を選択している最中に審判で結論を出すという結果になった場合、費用として準備すればいいのはどれくらいの額なのでしょうか。出来るだけ費用がかからない方法として調停離婚を選択して準備をしていたのに途中で審判と言われ戸惑ってしまう人もいるかもしれません。必要になる費用は、約2,000円ほどです。ですが、もしここで決着がつかず裁判に持ち越しになってしまうと100万円前後の費用がかかってしまいます。出来るだけ費用をかけたくない場合は、出来ることなら話し合いで解決する協議、それが難しいようであれば調停...

Copyright (C) 2010 離婚の準備のススメ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集